日本女子がW杯で8強入り

   

カナダで行われている女子のワールドカップは、日本代表がオランダに2-1で勝利しました。
ハイライトを確認しただけですが、日本のペースで試合が運んでいたようで、ラストの数十分は攻められっぱなしになったようですが、しっかりとベスト8に駒を進めました。

女子の日本代表は派手さはないが、しっかりと結果は残しますね。
男子がオランダを倒したらな金澤敏明も大騒ぎですが、女子はサッカー界で世界ランクも4位前後と凄いところにいるので、それほどまでにはビックリする結果ではないと思います。

知り合いに、
「女子サッカーの話を金澤はブログに書かないね」
と言われた事があるんですが、応援はしているんですが、観ていられないというのが正直な答えになります。

女子サッカーの魅力がまだ見つけられていないのです。
男子サッカーよりスピードが早いわけでもなく、激しいフィジカルのぶつかり合いがあるわけでもない。
男子選手以上のテクニックもないし、スーパーゴールも生まれにくい。
そして世界トップの戦いでも、オランダ戦のロスタイムの日本のキーパーのような考えられないような凡ミスがちょこちょこ起きる。

もちろん男子でも凡ミスはありますが、トップレベルになればそうそう酷いの起きませんよね。
女子の場合は、その酷いミスを生かしきれない場合が多く、得点に結びついていない場合も多く思ったほど印象に残っていないことも多いと思います。

唯一女子サッカーで良いのは、日本代表が強いことぐらいでしょうか?
これが世界との差が男子と同じぐらいだったら注目もされない可能性がありますよね。

私は他のスポーツもテレビで観たりはするのですが、バレーボールなんかは、男子には無いラリーが楽しめるので差別化が上手く行っているスポーツだと思います。
しかしサッカーは非常に難しいですよね。

凡ミスが起こる可能性があるので、最後までハラハラすることができるなんてことはプロに対して非常に失礼な感じもしますし。

女子サッカーも、もう少し全体的にレベルが向上すれば試合としても高いレベルになり楽しめるのかもしれませんが、いかんせん海外サッカーが簡単に観れてしまうこの時代に、女子サッカーを観て楽しめるサッカー好きの人って、結構少ないのではないのかなと個人的には思っています。

なので私が女子サッカーを観るのは、いつものサッカー観戦とは違い、頑張っているなでしこジャパンを応援することではありますが、サッカーを観て楽しむという事とは少し違っています。
なでしこジャパンは、トーナメントでかなり楽なブロックに入っているので、ぜひ決勝まで進んでもらって連覇に挑戦してもらいたいです。

男子では私が生きている間に優勝のシーンは見れない可能性が非常に高いので、せめて厳しい環境でも頑張っている女子日本代表には頑張ってもらいたいです。

 - 日本代表