ハリル監督率いる日本代表がチュニジアに2-0で完勝

   

注目のハリル監督率いる日本代表は、予想外のスタメンでスタートした。

GK 権田
DF 酒井 槙野 吉田 藤春
MF 山口 長谷部 清武 
FW 川又 武藤 永井

日本の中心選手として活躍してきた、本田、香川、岡崎はベンチスタートとなった。
3トップと言うより4-2-3-1って感じだと思います。

どのようなサッカーを見せてくれるのか楽しみにしていたこの試合だが、前半のメンバーでは、ディフェンスのチェックの早さや囲む意識は、凄く、やはりディフェンスにはかなり力をいれる監督だと分かりました。

攻撃は、右サイドの一辺倒って感じが、金澤敏明には感じられました。
チャンスらしいのチャンスは、清武のシュートのシーンぐらいで、他では前線にボールは入るが、その後がどうにもならない感じがしました。

後半に入り代表常連組みが違いをみせる

後半のスタートも前半のままでした。
なかなか決定機はつくれないが、ピンチらしいピンチもない展開でした。

香川と本田が同時に投入されると少しずつ変化が生まれます。
ボールタッチが細かく、かなりテンポがでてきました。

また周りの選手達も慣れているのもあり、コンビネーションも見せるようになってきました。
そして、岡崎と宇佐美が投入されるとゴールのシーンが生まれます。

本田がラインの裏を完璧に抜けて、左サイドでドリブル。
中央に上がってくる選手を待ってセンタリングをあげるも、岡崎がトラップミスで決定機を逃しますが、その後ボールを奪い香川が中央でドリブル。

引きつけて左サイドの本田にパスをするとダイレクトで中に折り返すと岡崎が逆サイドから入ってきてヘディングでゴールを奪いました。

その後も攻勢にでる日本代表は右サイドに流れた香川がセンタリングあげると、キーパーが弾きそのボールに本田が飛び込んで追加点。

終了間際にも、香川の見事なスルーパスから宇佐美が裏に抜け出してシュートするも惜しくもポストにあたってゴールならずでした。

後半になって、代表常連組みがピッチに立ってからは、まるで別のチームかのような、かんじなりました。

個人的には、長谷部の縦パスの精度が上がっているなと思っています。
早く正確な縦パスが攻撃の合図になっている感じもします。

所属クラブのブンデスリーガーでも、効果的な縦パスを入れるシーンが目立つようになっていますし、前でボールを上手く捌けたりトラップできる選手が居れば、これからも攻撃のキッカケを作ってくれると思います。

ハリル体制になり香川もミドルを狙う場面もありましたし、パスではかなり決定機を演出していました。

ホームでの戦いってこともありましたが、ハリル監督の初陣は良かったと金澤敏明は思いました。
後はメンバー交代が3人になった時に同じ運動量をキープできるのかなど課題もありますが、楽しみでもあります。

 - 日本代表