ハリル監督によって香川に変化は起きるのか?

   

ブンデスリーガで久しぶりにゴールを決めた香川選手だが、いつになったら完全復調となるのか?
そのキッカケをホジッチ監督が与えることができるのか?

日本代表の今後に関わる非常に大事な選手なだけに気がかりだ。

日本のマスコミはゴールを挙げたり、見事なアシストをすると直ぐに復調だと大袈裟に取り上げることが多い。
視聴者を引きつけるためには仕方が無いことなのかもしれないが、一向に香川が安定して好パフォーマンスを見せてくれる場面はここ最近ない。

前回の試合では、ゴールの場面はよく走っていたが、パスを通したロイスやその前に、ロイスに縦パスを入れた選手が凄かっただけで、ゴール自体は非常にイージーな物だった。

アシストは香川の素晴らしいテクニックが光った。
左サイドから右足のアウトにかけて入れたセンタリングがディフェンスラインとキーパーの絶妙な位置に入り、イージーゴールを演出した。

今季も素晴らしいプレーを見せた試合は何試合かあり、その都度復活を期待したが、継続したパフォーマンスはみられていない。

ゴールやアシストという結果よりも、試合での内容が重要になる。
自分で仕掛けてシュートする場面や、流れの中でよいポジションに走りこんでボールを貰う事が多くなれば、香川のパフォーマンスが戻ってきたと思っていいのでは?と金澤敏明は考えている。

ハリル監督が4-3-3のシステムを使うのか、4-2-3-1のシステムを使うのか、またはそれ以外のシステムなのかも香川には大きな問題になる。

4-3-3では、インサイドハーフのポジションが予想されるので、彼が得意としているポジションとは少し異なるため、らしさを出すのは難しいかもしれない。

しかし4-2-3-1では、得意のトップ下や、やや慣れている左サイドの高いポジションになるので、自分らしさが発揮できると思う。

ゴールを意識しすぎて個人プレーにはしるのは良くないが、ある程度の我は出して積極的にゴールを狙って欲しい。
彼には、エリアの外からのミドルシュートも打てる選手に成長してもらいたいと金澤敏明は願っている。

ミドルがあるとディフェンスの選択肢は増え、ドリブル突破やパスも今まで以上に楽になるはずだ。
昔の香川のようなプレーも期待したいが、あの時以上の香川になって復活をしてもらいたいと思う。

 - 日本代表