ハリル・ホジッチ新監督がいろいろと語る

   

遂に正式に契約を済ませて、ホジッチ監督が日本代表を率いることになった。

彼は、規律に厳しく、日本代表には向いている監督の一人だと思う。

就任の記者会見では、まず第一の目標にロシアワールドカップ出場を掲げた。

そして、出場するだけではなく、戦えるチームを作り、決勝トーナメント進出できるようなチーム作りをしていきたいと語った。

流れの中でベスト16が目標のようになっているが、そう公言したわけではなく、決勝トーナメントに進出したいと言ったにすぎない。

しかし、代表監督をやってきた監督であれば、ワールドカップの難しさも知っており、軽はずみに実力がないチームで優勝やベスト4などとは言えないはずだ。

そういう意味では、今回まず目指すものを、W杯出場、そして決勝トーナメント進出と位置づけたのには、金澤敏明は非常に好感がもてる。

ベスト8に進出するのは、非常に難しいことだ。
自国の共同開催のように日本がシードされる順位にまでFIFAランクが上がるとは思えない。

そうなると、グループリーグから苦しい戦いになる。
そして、見事に突破しても1位通過しないと第一シード国と戦う可能性が非常に高くなる。

今の日本が、ドイツ、オランダ、スペイン、ブラジル、アルゼンチン、フランスなどの国にホームでもない状況で勝てるかというと、まだまだ難しい状況だ。
それ以前に、僅差の試合で終わることも難しいはずだ。

相手国の力を客観的に評価できずに、ブラジルW杯の長友や本田のように、優勝という言葉を口にするべきではないと思う。

まだ世界との力の差は歴然なのだから。

日本が強い野球を例にすると、ヨーロッパの野球の歴史が浅い国が、「WBCで優勝する」と言っているようなものだ。

日本人で野球に詳しい人なら、誰もが無理だと鼻で笑うだろう。
日本だけでなく、アメリカやキューバや南米の強いチームもいるのだから尚更だ。

サッカーもヨーロッパの強豪国や、南米の強豪国が多くいるのだから、日本が大きな目標を掲げするぎるのは認識が甘すぎる。
マスコミやテレビに出ているサッカー関係者が強気な発言をするために、サッカーにあまり詳しくないと人たちは日本代表が強いと勘違いをしてしまう傾向にあると思う。

厳しい言い方になるが、ワールドカップでベスト8以上に入るチームは、アジアレベルで苦戦してはいけないと金澤敏明は思う。

現にブラジルW杯でアジア勢は、決勝トーナメント進出はできなかった。
そして試合内容も厳しい試合ばかりだった。

スコアだけなら健闘した試合はあるが、試合内容は一方的だったりする。
ホジッチ監督がベスト16までしか行った事がない監督だと言っている素人もいるが、ブラジルW杯でベスト4に導いた監督達が、アルジェリア代表監督をしていてもベスト16以上の結果は無理だった思う。

もしかしたらワールドカップ出場すら叶わなかったかもしれない。

逆にザッケローニ監督もドイツ代表を指揮していればベスト4進出していた可能性は非常に高いと思う。

やはり監督の力以上に選手の能力が重要なのであって、それまで結果がどうこうより、選手の能力を考えた上での結果を評価するべきだ。

そういった意味では、ホジッチ監督の実績は非常に評価すべき物だと金澤敏明は考えている。

 - 日本代表