日本人の決定力はなぜ上がらないのか?

      2015/01/28

日本代表には、ずっと言われ続けている課題がある。
それが”決定力”だ

MFには、世界でも通用するレベルの選手がこれまで、多数出現しているが、そのパスを受け取ってゴールを奪うストライカーが出てこない。

ゴール前の決定機で、ゴールの枠に飛ばないことや、ゴールキーパーの正面に蹴ってしまうことなどもみられる。

決定力がアップしなければ、強豪国などを相手にして勝ちきることはできない。
海外の強豪国でも、決定力不足を言われているチームもあるが、数年に1度はそれを打ち破るような選手が出てくる。

その点日本には、今の岡崎レベルがやっとだ。
クラブチームでは、それなり良い結果を出しているが、格上のチームから得点を奪うような意外性や、ズバ抜けた特徴があるとは思えない。

日本代表の決定力はなぜ上がらないのか?

普段のクラブチームや、代表での練習を見たことがないので、詳しくはわからないが、練習の質にある可能性は否定できない。

大きなプレッシャーが無い中でのシュート練習など試合ではそれほど役に立たないはずだ。
試合では厳しい相手からプレッシャーの中でシュートを打つのだから、練習でもそれくらい厳しいプレッシャーの中でもシュート練習はできているのだろうか?
その練習は、スタミナ的にも厳しい中でのシュート練習なのか?

ディフェンスも厳しいチェックを行っているのか?
海外のクラブチームでは、練習ゲームでもハードチェックをすると言われいる。
その中でのボールキープやパス交換は試合でもきっと役に立つはずだ。

メッシやクリスティアーノ・ロナウドのようなクラスの選手という贅沢を言うつもりはないが、決定機を確実に物にするようなゴール前でも落ちついて力を出せるような選手の出現を期待したい。

それには海外のクラブチームなどで、厳しいチェックの中で積極的にシュートを放ってゴールを奪い自信も身につけてレベルアップする必要もあると思う。

救世主の誕生を期待したい気持ちもある。

 - 日本代表