日本代表はUAEになぜ敗戦したのか アジアカップ

   

オーストラリアで行われているアジアカップ。
前大会チャンピオンの日本はグループリーグを無敗で無失点で突破していた。

決勝トーナメント初戦のUAEとの対戦になった。
先制点を相手にとられた。

シュートはコースも勢いも素晴らしかったが、この選手へ出されたパスが問題だった。
ディフェンスのチェックが遅れてしまった為に、ノープレッシャーでパスが出せた。

その後、日本はいくつも決定的チャンスを作る。
乾が角度はそれほどよくなかったがノーマークでのヘディングシュートなどもあった。

後半に入ると豊田、武藤、柴崎を投入した。

後半も多くの決定機を作った。
武藤がフリーでヘディングをする場面もあったり、香川にも決定機は幾度も訪れたが、ことごとくゴールの枠に飛ばずゴールを揺らすことはできなかった。

しかし後半終了間際に、本田と柴崎のワンツーから柴崎が見事なミドルシュートを決めて延長戦に突入した。

延長でも決定機はあったが、ゴールを奪う事ができなかった。
PK戦に突入すると、本田と香川が失敗して敗戦した。

この試合では、信じられないくらいの決定力の無さをみせた。

これは今に始まったことではなく、長い間日本代表にいわれ続けてきた大きな課題だ。
既に20年近く決定力が問題と言われて全く改善される感じがしない。

これについてはまた今度取り上げたいと思う。

メンバー選出を考え直す必要性

この試合での香川のデキは、とても代表のレベルでは無いように思えた。
特にこの試合は酷かった。
その前のグループリーグでの決してパフォーマンスが高いとは思わなかった。

はっきり言って今の代表に今のレベルの香川は必要はないと金澤敏明は思っている。
後半から投入された柴崎でも、今の香川レベルの仕事ならこなせると思う。

香川の復活をわざわざ代表の大事な試合を使って行う必要はないと思う。
今は、クラブチームでも活躍をしているわけではないし、代表に選出されるレベルでもない。

しっかりとクラブチームでコンディションを上げて、活躍をみせたら呼ぶようにすればいい。
香川の特別扱いは必要ない。

代表メンバー選出を考えなおす必要がありそうだ。

 - 日本代表