UAEとタイに連勝でロシアワールドカップへ近づいた日本代表

   

日本はUAEとタイに連勝して、得失点差ながらグループトップになりました。
残す試合は、イラク、オーストラリア、サウジアラビアの3カ国となります。

オーストラリアとサウジは、出場権争いをしているチームなだけに激しい試合になると思います。

アウェーでのUAE戦では、久保選手が先発出場して大活躍をしました。
1得点1アシストの活躍でした。

結果は素晴らしかったのですが、1対1でしかける場面が目立ちました。
それ自体は積極的なプレーで問題ないと思うのですが、取られ方がまずい場面があったり、仕掛けるのとパスを出すバランスが悪かったように思えます。

ディフェンスがどちらに対応するべきか迷うぐらいのバランスが良いかと思いますが、この試合での久保選手は、ほぼ1対1だったので、このレベルだからまだ良いですが、ヨーロッパの屈強なDFではしっかりと対応されてしまうと思います。

アウェーの厳しいゲームをしっかりと勝てたのは非常に良かったと思います。

そして怪我の長谷部キャプテンに代わって先発出場した今野選手が大活躍しました。
攻撃の意識もしっかりとあり、追加点となるとシュート決めました。
しかし、このあと怪我が見つかりタイ戦は出場できませんでした。

 

4-0の大勝も内容は悪かったタイ戦

結果だけを見れば、完勝の内容だったタイ戦でしたが、試合内容は決して褒められるレベルではなかったと思います。

カウンターからのピンチの連続で決定機を何度作られてしまったことか?
川島のファインセーブやPK阻止で無失点でしたが、危ない場面が目立ちました。

全てを観たわけではなく、主に後半でしたが、日本の右サイドから危ない場面が多く作られているように感じました。
酒井選手が上がった後のスペースですね。

この日はボランチも急増だったのもあり、上手く意思疎通ができていなかったのかもしれません。
あれがサウジやオーストラリアが相手だったらと思うとゾッとしますね。

こんな内容では、攻撃のリズムにも影響がでてくると思います。
攻撃陣の前からのチェックは、かなり献身的にできているだけに、後ろがしっかりとコーチングし合いながらピンチを早めに摘み取る作業が必要になりそうです。

次のイラク戦までは日程も2ヶ月ほど空きますので、長谷部選手や今野選手が戻ってこれればよいですが、間に合うのか少し心配でもあります。

 

 - 日本代表